読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のキャタピラーの試練

ポケモンについて語るブログです。

ダブルレートパーティ紹介 その2

寝不足のため頭がくるくるぱーな状態で大学に行った愚か者が暇だからちょっと気晴らしに書き込みます・・・

 

前回の投稿同様、ポケモンのダブルレートで使ってるポケモン達を紹介したいと思います。

3体目・・・レアコイルスカーフ(ボルチェン、放電、ラスカノ、シグビ)

ランターン蓄電の兼ね合いで入れたポケモンです。正直レアコイルじゃなくていいだろと思われますが、僕も最初はエレキブルシビルドンが適役だと思っていましたが、持ち物を見ると、スカーフと書いています。ポケモンを相当にやり込んだ方は理解できると思います。こいつは性格臆病で素早さ努力値252の130族抜き型のレアコイルで、半端な耐久の高速アタッカーを葬る役目を担っています!!

また、レアコイルであるメリットとして、鋼技をタイプ一致で打つことができるという点です。昨今ガブやマンダを倒す役目として、ニンフやサナが増えた気がします。それらを倒す上で鋼技は毒技より重要でありタイプ一致でうてるポケモンは是非ともドラゴンタイプと一緒にパーティにいれるべきなのです。かつては互いに凌ぎを削った両タイプが新しく現れた勢力にたいして手を取り合いともに戦う姿は涙なしには見られない!!!!!!故に!!レアコイルさんを採用したのです!!!

 

4体目・・・ヒートロトム食べ残し(10万V、オバヒ、毒毒、身代わり)

ランターン、レアコに続き3体目の電気タイプ。決して電気タイプびいきじゃないです。ただ、他の2体と違うのは地面が弱点でないこと(型破りィ?何それ

技を見ればわかると思いますが、毒毒を持っています。ここでランターンと決定的な役割の違いがあります。実はこのヒトムは物理受け特化でCにもSにも振っていません。身代わりと毒毒の併用でダブルバトルにおけるこのパーティの他のポケモンが戦いやすい環境作りをするちつじょ(笑)ポケモンなのです。

こいつの毒毒で1体の動きを縛り、もう1体を2体でタコ殴りというのはこのパーティの戦法の一つであり常套手段です。毒毒をしたあとそいつは余程の火力を持たない限り(積み技、ピンチ木の実などによる)交代するまで放置します。

真のエースポケモンランターンの電磁波や後々紹介するポケモンで封じてしまえばいいのです。

かなり選出率は高いですが、その分だけの働きを見せてくれます。また、マンダとのコンビはこのパーティの金字塔でもあります。この2体の並びはそうそう突破されない自信があります。

今回はこの辺にして残り2体はまた今度ということで、、

さよなランターン!!